リハビリで脊柱管狭窄症を改善する|症状の進行をストップ

聴診器

研究が進められる免疫療法

male

がん細胞のみ破壊する工夫

がん治療には、外科的手術・化学療法・放射線療法の標準治療が用いられることが一般的です。近年では、第4の治療法として免疫療法が挙げられ、注目を集めています。免疫療法は、人間が生まれつき有している免疫力を向上させがん細胞を攻撃すると言う治療方法になります。この免疫療法には、いくつかの種類があり、樹状細胞療法(樹状細胞ワクチン療法・DCワクチン療法とも呼ばれる)、NK細胞療法、ガンマ・デルタT細胞療法、アルファ・ベータT細胞療法、CTL療法などが挙げられます。免疫療法の中でも、特に注目されているのが樹状細胞療法です。標準のがん治療では、がん細胞のみならず正常な細胞まで傷つけてしまう場合があるものの、樹状細胞療法ではがん細胞だけを破壊することが出来る工夫が施されていることから、正常な細胞を傷つけたり破壊する心配が無いと言うメリットがあります。

更なる進化と発展

がん患者は年々増加傾向にあると言われている中、標準治療としては確立されていないものの、患者側の負担が少なくて済むと言う観点からも、その治療法や効果には期待と注目が集まっています。樹状細胞療法(樹状細胞ワクチン療法・DCワクチン療法)は、世界中で研究が行なわれており、最先端の特異的がん免疫細胞療法とも呼ばれています。がん治療の際に用いられることが多い抗がん剤のような、重度の副作用に悩まされる心配が無く、これまで送ってきた生活の質を保ちつつがん治療に取り組むことが出来る治療法です。樹状細胞療法は、世界中で研究が行なわれていることからも、今後更に効果的ながんの治療法へ進化し、免疫療法の発展にも繋がるものと考えられています。

Copyright © 2016 リハビリで脊柱管狭窄症を改善する|症状の進行をストップ All Rights Reserved.