リハビリで脊柱管狭窄症を改善する|症状の進行をストップ

聴診器

体の負担の少ないがん治療

自然

ピンポイントで攻撃

がんの治療は、外科療法と化学療法、そして放射線療法とでおこなわれています。一般的にはまずは、外科療法つまり手術で、がん細胞が多く集まっている病巣が摘出されます。それだけでは、まだ体内にがん細胞が残っている可能性があるので、それを抗がん剤で減らすことになります。さらに、放射線療法によって、その数は一層減っていくことになります。しかし、いずれの治療も正常な細胞にも影響を与える可能性があります。たとえば放射線療法の場合、がん細胞だけでなく、正常な細胞が増えていくことも阻止されることがあるのです。それを回避するために使われている医療機器が、サイバーナイフです。サイバーナイフは、ロボットが放射線を照射するという医療機器で、精度が高くピンポイントでがん細胞を攻撃することができます。その分正常な細胞が守られやすいため、需要が高まっています。

ガンマナイフとの違い

サイバーナイフは、特に頭のがんの治療に利用されています。がん細胞を減らすためとはいえ、正常な脳細胞も減らしてしまっては、体の負担がかえって増える可能性があるからです。頭における放射線療法には、従来はガンマナイフという医療機器が主に使われていました。具体的には、頭を専用の器具やネジでしっかりと固定し、その上で放射線を照射するという治療です。固定するのは、治療中に患者が頭を動かすことで、別の部分に放射線が照射されてしまうことを防ぐためです。しかしサイバーナイフの場合は、それほど強く固定する必要はありません。なぜならロボットが患者の動きに反応し、即座に照射する箇所を特定し直し、正確に照射するからです。強く固定せずに済むということは、その分体への負担が少ないということです。そのことからも、サイバーナイフの需要は、より高まっていくことが予想されています。

Copyright © 2016 リハビリで脊柱管狭窄症を改善する|症状の進行をストップ All Rights Reserved.