リハビリで脊柱管狭窄症を改善する|症状の進行をストップ

doctor

免疫細胞でがんを撃退

woman

NK細胞療法とは免疫細胞の1つであるNK細胞の働きを利用したがん治療法です。がん細胞を攻撃する能力を持つNK細胞を患者の体内から取り出して特殊な環境下で増殖させ、再び元に戻すことでがん細胞の排除を図ります。

もっと読む

体の負担の少ないがん治療

自然

がんの治療では、正常な細胞も影響を受ける可能性があります。しかしロボットがピンポイントで放射線を照射するというサイバーナイフなら、その心配は少なくなります。特に頭のがんの治療に使われているのですが、照射が正確なので、頭を強く固定する必要がありません。その分体の負担が少なく、需要は高まっています。

もっと読む

研究が進められる免疫療法

male

近年のがん治療では、標準治療のほか、免疫療法と言う第4の治療法に注目が集まっています。中でも樹状細胞療法は、がん細胞のみを攻撃して破壊する工夫が施されていることから、正常細胞を損傷する心配が無いと言うメリットがあります。世界中で研究が行なわれているため、今後更なる進化と発展が見込まれています。

もっと読む

神経痛を引き起こす病気

man

骨の管が神経を圧迫

脊髄は脳と全身の末梢神経をつないでいる神経の束で、人体にとって非常に重要な役割を果たしている器官です。そのため、周囲を硬い脊椎でおおわれて外から保護されています。この脊髄が通っている脊椎内の空洞を脊柱管といいます。ところが、老化などによって脊椎が変性すると、脊柱管がだんだん狭くなってそれまで保護していたはずの脊髄を圧迫してしまうことがあります。このような症状を、脊柱管狭窄症といいます。脊柱管狭窄症はいわゆる坐骨神経痛の原因となる病気の1つであり、足腰の痛みやしびれなどを引き起こします。まれに首に発症することもあります。症状が進行すると手術が必要となる場合もありますが、早期に治療を開始すればリハビリによって改善できることもあります。

運動療法で改善を目指す

脊柱管狭窄症は腰をまっすぐ伸ばして歩いていると痛みを感じるが、前かがみになって休むと痛みがやわらぐという一般的な特徴があります。これを間欠性跛行といいます。そのため、リハビリは痛みを感じない姿勢を上手に保つためのトレーニングが中心になります。同時に、脊椎を安定させるために必要な筋力や柔軟性をつけるための運動療法も重要になります。脊柱管狭窄症のリハビリを実施する際は、必ず専門医の指導の下に行うことが肝心です。間違った方法だと却って症状を悪化させてしまうことがあります。なお、最近では温熱療法や電気療法といった物理療法も痛みの緩和に役立つとして人気を集めています。運動を中心としたリハビリと並行して行うことで、症状の改善が期待できます。

Copyright © 2016 リハビリで脊柱管狭窄症を改善する|症状の進行をストップ All Rights Reserved.